初心者でも短期間で日常英会話が上達する!効果的なトレーニング方法やリスニングの勉強法まとめ

【要チェック!】ネイティブが使う日常英会話の例文を紹介

【要チェック!】ネイティブが使う日常英会話の例文を紹介

 

 

・ネイティブが使う日常英会話を知ろう

 

日常英会話の学習をしていて、ある程度基本的な表現を覚えたら、ネイティブが使うような日常英会話もできるようになりたいと思うようになる人も多いと思います。 

 

日本人が日本語で会話する時も、海外の人が日本語を学ぶ時には使わないような言葉ってたくさんありますよね?

 

そんな日本人しか使わないような日本語を、海外の人が使っているのを聞いたら「おおっ、この人日本語すごく知っているな」と感心しますよね。

 

なので、日本人もネイティブが使うような会話を使うことができるようになれば、さらにレベルアップさせることができるようになります。

 

またネイティブが話していることもさらに理解できるようになるので、積極的に覚えていくと良いでしょう。

 

そこで、ネイティブがよく使う日常英会話の例文を紹介したいと思います。

 

 

 

 

・ネイティブがよく使う日常英会話の例文

 

「got it」

 

相手が言っていることを理解したという場面で「わかった」と答えるときあなたならどのように答えますか?

 

「I understand.」と答える人が多いと思いますが、ネイティブは「got it」をよく使います。

 

正確には「I got it.」でこれもよく使われますが、省略して「got it」と使われることも知っておくと良いでしょう。

 

「I usually hang out with him.」

 

「hang out with ○○」で○○と遊ぶという意味になるので、私は普段彼とよく遊ぶという意味になります。

 

ここでいう「遊ぶ」は、特に目的もなくブラブラしたり、たむろしているというニュアンスに近いです。

 

 

 

 

「No way!」

 

日本語で近い表現は「ありえない!」「そんなバカな!」「嘘でしょ?」などで、ビックリして信じられないという時に使います。

 

また、「絶対に無理だ!」「絶対に嫌だ!」と強めに拒否する場合にも使います。

 

マイナスな場合だけではなく、信じられないくらいすごいというような場面でも使えます。

 

「Take it easy!」

 

「気楽にね!」「落ち着いて!」というような意味になります。

 

相手が緊張している時や、イライラしていたり、ムキになっているような時に、落ち着きを取り戻させるために使います。

 

別れ際の挨拶で、「まあ気楽に頑張れよ!」って意味で使うこともできます。

 

 

 

 

「Take care!」

 

ケガをしていたり、体調があまりよくないという人に対して「お大事にね」「気を付けてね」という意味で使います。

 

また、日本語でいう「おつかれさま」というような場面でもよく使われます。

 

正確には「Take care yourself」なのですが、ネイティブはyourselfを省略してよく使います。

 

会話には教科書では習わない、独特の言い方がありますね。

 

下記の記事も見て下さいね。↓

 

【知らないとソンする!】スタディサプリENGLISH の効果と感想