初心者でも短期間で日常英会話が上達する!効果的なトレーニング方法やリスニングの勉強法まとめ

【覚えておきたい!】日常英会話の電話のシーンで使う例文を紹介

【覚えておきたい!】日常英会話の電話のシーンで使う例文を紹介

 

 

・日常英会話の電話のシーンについて

 

日常英会話ではいろいろなシーンがありますが、電話のシーンもよくあるシーンの一つです。

 

電話だとお互いの顔が見えないので、相手の声だけが頼りになります。

 

お互い顔を合わせて日常英会話するときは、相手の表情やジェスチャーなどもヒントにすることができますが、電話ではそのヒントもないので難易度は高くなってしまいます。

 

しかし、電話で会話するというシーンは日常生活ではよくあることですよね?

 

あなたは電話がかかってきたときに、英語で対応することができますか?

 

そこで、日常英会話の電話のシーンでよく使う例文を紹介したいと思います。

 

 

 

 

・電話での挨拶について

 

日本語で電話のやりとりをするときは、「もしもし」という挨拶から始めると思いますが、英語でやりとりする場合は「Hello」といいます。

 

電話を受けたときに「Hello」という時は、普通に発音するのではなく「Hello?」と疑問文のように発音するのがコツです。

 

「Hello」でいいのなら「Hi」や「Good morning」などでもいいの?と思う人もいるかもしれませんが、電話を出たときの最初の言葉としては「Hello」の方が適しています。

 

 

 

 

・電話の相手を知りたいときの例文

 

携帯電話であれば、話をしたい相手がでることが前提ですが、ビジネスシーンなどで電話に出た人が誰か分からないこともあります。

 

そんな時に、電話に出た相手が誰なのかを確認したいときは

 

「Who am I speaking with?」

 

とたずねます。

 

もっと丁寧にたずねたいという場合は、

 

「May I ask whom I’m speaking with?」

 

とたずねるとよいでしょう。

 

 

 

 

自分が電話にでて相手にこのようにたずねられた場合は、

 

「This is 〇〇(自分の名前)」と答えます。

 

・○○さんお願いしますと言いたい時

 

電話に話しをしたい相手呼び出してほしい、変わってほしいというシーンもよくあると思います。

 

そういった時は、

 

「May I speak with 〇〇(呼んでほしい相手)?」

 

「May I speak with 〇〇 please.」

 

というフレーズを使います。

 

 

 

 

あなたが電話を受ける側でこのようにたずねられた場合、本人であるのであれば、「はい、私です」という意味で、

 

「This is 〇〇(自分の名前) speaking.」

 

と答えます。

 

また呼ばれた相手と変わるときに「お待ちください」という意味で、

 

「Hold on, please.」

 

「Wait a moment, please.」

 

と言って電話を変わります。

 

また、次のような記事も参考にしてみてくださいね。↓

 

日常英会話の挨拶の例文を紹介!