初心者でも短期間で日常英会話が上達する!効果的なトレーニング方法やリスニングの勉強法まとめ

驚きの結果が!日常英会話の例文をおぼえて英語を話せるようになろう

驚きの結果が!日常英会話の例文をおぼえて英語を話せるようになろう

 

 

・日常英会話の例文を知れば英語を話せる

 

「英語を話せるようになれたらいいなあ」と、誰もが一度は思ったことがあると思います。

 

英語が話せるようになれば、海外の人とのコミュニケーション、海外旅行、仕事などいろいろなシーンで役立てることができるようになりますよね。

 

しかし、「文法とか難しいことは苦手だ」「今さら英語を話せるようになるなんて自分には無理」と思って諦めてしまっている人がたくさんいると思います。

 

そのような人でも、日常英会話の例文をおぼえていけば、意外と英語で話せるようになっていくものです。

 

例文をおぼえて話せる英語が増えていけば、嬉しくなってもっと例文を知っておぼえていきたいという気持ちになると思います。

 

難しいことは考えずに、とにかくおぼえようという気持ちでチャレンジしてみませんか?

 

 

 

 

・日常英会話の例文を紹介

 

ちょっとおぼえてみようかなと思った人のために、ここで日常英会話の例文の一部を紹介しますので、よかったらチェックしてみてくださいね。

 

ここでは、簡単な自己紹介の例文を紹介します。

 

自己紹介は日常英会話では必要になってきますよね。

 

まず、相手と会ったら。。。

 

「I’d like to introduce myself. My name is ○○.」

 

自己紹介をします、私の名前は○○です、と名乗ります。

 

ケースによっては自己紹介します、と前置きせずに「Hi」と挨拶をして、「My name is ○○」でもいいでしょう。

 

「My name is ○○」ではなく、I’m ○○」もよく使われます。

 

 

 

 

名乗った後に「Please call me ○○.」(○○と呼んでください)と、呼びやすいニックネームを自分から言うのもアリです。

 

呼びやすいニックネームで呼び合うと、相手との距離も縮まりやすくなりますよね。

 

そして「Nice to meet you.」(はじめまして)という挨拶で、自己紹介を終えましょう。

 

自分の自己紹介を終えて、相手の名前をたずねたい場合は。。。

 

「What’s your name?」(アナタの名前は?)とたずねても良いですが、自分の紹介が終わった後に「And you are・・?」と言えば、今度は自分が名前を言う番だということは相手も分かっているので、続けて相手が自己紹介を始めます。

 

そしてお互いの自己紹介が終わったら、「あなたとお会いできて嬉しいです」という意味で。。。

 

「It’s a pleasure to meet you.」や「Very nice to meet you.」と言います。

 

 

 

 

これが自己紹介の挨拶の簡単な流れです。

 

これくらいなら自分も話すことができそうだ、と思った人が多いのではないでしょうか?

 

この例文をおぼえて、笑顔で相手の目をみてしっかりと話すことができれば、自己紹介はバッチリです。

 

自己紹介のときに握手するケースも多いと思いますが、握手は相手の手をしっかりと握りましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。↓

 

徹底調査!日常英会話の効果的なトレーニング方法とは?