初心者でも短期間で日常英会話が上達する!効果的なトレーニング方法やリスニングの勉強法まとめ

効果あり?ネイティブが使う日常英会話のフレーズを知ろう!

効果あり?ネイティブが使う日常英会話のフレーズを知ろう!

 

 

・ネイティブが使う日常英会話のフレーズ使おう

 

海外の映画などを見ていると、日本の学校の英語では習ったことがないようなフレーズで会話をしていることがあって、「何て言っているのだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

 

現在、英会話の学習をしている人もたくさんいると思いますが、ネイティブ同士が使う日常英会話のフレーズも使えるようになれば、あなたの英会話のスキルがグッとあがります。

 

そのためにはどのようなフレーズがあるのかを知る必要があります。

 

ここで、ネイティブが使う日常英会話のフレーズのなかからよく使えそうなフレーズを紹介しますので、まずはそのフレーズを覚えて使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

・ネイティブが使う日常英会話フレーズ<相づち編>

 

日常会話をする際に、相づちはすごく大切ですよね。

 

ネイティブが使う日常英会話でも、相づちのフレーズがたくさんあるので、覚えておくとすごく便利です。

 

That’s neat.

 

「素敵ね!」「素晴らしい!」「カッコイイね!」という意味になります。

 

相手の言ったことに対して、こうしたフレーズを使うと会話が盛り上がるのでどんどん使いましょう。

 

You can’t beat that.

 

直訳すると「あなたはそれを打ち負かすことはできない」になりますが、それに勝てるものはないということから、ネイティブの日常英会話では「最高だね!」という意味で使われます。

 

 

 

 

You said it.

 

「そうだよね!」「ホント、その通りだよ!」と相手に同調するときに使います。

 

特に女性同士の世間話では、同調し合う場面がたくさんありますよね。

 

そんなときにこのフレーズをどんどん使いましょう。

 

・その他にネイティブがよく使う日常英会話のフレーズ

 

No sweat

 

直訳すると汗をかかないという意味になります。

 

汗をかかないくらい「全然平気だ」「全く問題ない」という意味で使います。

 

 

 

 

Will do!

 

「了解!」という意味で使われます。

 

普段の会話でも了解というフレーズを使う場面はたくさんあると思います。

 

I kid you not.

 

直訳が冗談じゃないという意味で、「本気です」という時に使います。

 

日常英会話を学習している人であれば、I’m not kidding.なら知っているという人も多いかもしれませんが、I kid you not.はネイティブの日常英会話で結構使われるので、こちらのフレーズも使ってみると良いでしょう。

 

 

 

 

You want to bet?

 

直訳すると「賭けるの?」という意味になりますが、「違うんじゃないの?」「本当にそうなの?」という意味になります。

 

相手が言っていることが違うのではないかと思ったときに、「賭けたらこっちが勝つけどいいの?」というニュアンスで使います。

 

まだまだ色々な日常英会話のフレーズがあります。

 

フレーズがスラスラと出るようになると、会話がより楽しくなりますね。

 

下記の記事も見て下さいね。

 

【要チェック!】ネイティブが使う日常英会話の例文を紹介